損保ジャパン日本興亜のマイカーローンの審査

スポンサードリンク

損保ジャパン日本興亜の自動車ローンの審査基準

スポンサードリンク

 

申込み出来る方をチェック!

次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・申込時年齢が満20歳以上満60歳以下であること
・安定継続した収入のあること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証が受けられること
・当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)

 

 

 損保ジャパン日本興亜のマイカーローンの審査についてチェックします。

 

 損保ジャパン日本j興亜のマイカーローンは当サイトでも、金利が4番目に低い自動車ローンとして、お勧めできるマイカーローンですが、ローンの名称から致しますと、損保ジャパン日本興亜という損害保険会社が取り扱っている自動車ローンと思いがちですが、損保ジャパン日本興亜グループの総合クレジット会社という位置づけである、損保ジャパン日本興亜・クレジット(平成26年9月1日より)の販売している自動車ローンになりますので、信販系の自動車ローンと言って良いでしょう。ちなみに損保ジャパンク日本興亜レジットでは、自動車ローン以外でも「教育ローン」や「ブライダルローン」なども低金利で取り扱っています。

 

 信販系の自動車ローンは、銀行系の自動車ローンと比べて、審査が甘いのが一般的なのですが、損保ジャパン日本興亜のマイカーローンは、信販系の自動車ローンの中でも、審査はかなり慎重に行われている印象です。慎重なる理由としては、通常は貸出リスクをコントロールするために、年収や審査、ローンの金額によって、貸出金利に●●%〜●●%というように、幅をもたせているのですが、損保ジャパンの自動車ローンは、新車を購入する場合でしたら、どのタイプでも統一した利率で2.8%となり、金利もかなり安いです。

 

 さらに、年収によって借り入れできる金額の上限が決められているので、200万〜300万までの金額で融資を受ける場合、500万円の年収が必要になってきますので、勤続年数の短い若年層の方にとっては、敷居が高い自動車ローンであり、申込みの段階で属性を絞り込む事で、貸出リスクを早い段階で取り除こうとしている印象があります。

 

 もう一点、審査が慎重になる理由として、購入した車の所有者名義をローン契約者に出来る点です。通常、信販系やカーディーラーの自動車ローンの場合は「所有権留保」といって、支払が終了するまで、所有者は販売会社や信販会社になりますので、損保ジャパン日本興亜の場合は、信販系としては特別と言えるでしょう。審査に慎重とは言いますが、年収をはじめとする申込み要件を満たしていれば、今までに引き落としの遅れなどのトラブルがなければ、審査は通過し易くなるでしょう。

 

 

 

損保ジャパン日本興亜のマイカーローンの審査関連ページ

損保ジャパン日本興亜の口コミ
損保ジャパン日本興亜の総合評価