自動車ローンでの返済状況の審査

スポンサードリンク

返済状況の審査基準

スポンサードリンク

 

 

他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内が基準になる。

 

事故情報など、長期の延滞歴があれば審査に落ちる。

 

短期間であっても支払の遅れが多い人は注意が必要。


 

 最後が、返済状況における審査基準です。現在、住宅ローンや、他に借り入れがある場合は、「他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内」が基準となっています。すでに住宅ローンを組んでいる人は、年間の返済率には十分注意してください。40%の基準を満たしても実際の返済金額を出してみると、現実の生活を考えると、厳しい金額になる場合が多々あります。

 

 そして、審査に落ちてしまう原因のNo1が、過去の支払の遅延、事故情報の登録が原因となるものです。通常、ショッピングにしろ、キャッシングにしろ、入金をうっかり忘れてしまって、督促が来てから直ぐに入金する位の遅れであれば、1回位問題は無いでしょうが、61日以上遅れると延滞情報として個人信用情報機関に登録されます。長期の延滞があれば一発退場、短い場合でも回数を重ねると、退場を宣告されることを、肝に銘じておかなくてはなりません。

自動車ローンでの返済状況の審査関連ページ

年齢の審査
住所の審査
年収の審査
雇用形態の審査
借入状況の審査