自動車ローンでの借入状況の審査

スポンサードリンク

借り入れ状況の審査基準

スポンサードリンク

 

 

他の無担保借入(カードローンを含む)との合計額が年収の50%以内が基準になる。

 

クレジットカードのキャッシングでも厳しくみられる。

 

原状の借り入れ状況はもちろん、過去の状況もみられる。


 

 自動車ローンの審査で、年収はもちろん、雇用形態を含め、他の項目は問題が無いのに、最終的に審査に落ちてしまう一番の原因が、この「借入状況」と「返済状況」に起因するものです。自動車ローンを組むに当たり原状の借り入れプラス、新たに契約しようとする自動車ローンの合計の関係が、「他の無担保借入(カードローンを含む)を合わせての合計額が年収の50%以内」となっていますが、これも金融機関によって変わってくると思われます。

 

 キャッシングについては厳しく見られるので注意が必要です。サラ金は無論ですがクレジットカードに付いている、キャッシングを使っていても厳しく見られます。クレジットカードの場合、限度額も少ないため、安易に借りてしまいがちですが、ショッピングのリボ払いの金利よりも高く、今やカードローンの方が金利が安い場合が多々あります。この様な状況でキャッシングしていると「この人は安易に借金する人」と低い評価がされるのです。公務員であってもクレジットのキャッシングが原因で審査に落ちてしまったという話は、少なくありません。

 

 過去に、短期間に複数回のキャッシングをしてると、評価が下がってしまう場合があります。たとえ支払が遅れたことが無かったとしても、「お金に余裕が無い」自伝者操業を連想させてしまうからです。「自分は遅れることが無いので大丈夫。」との安易なかりいれは慎むべきです。

自動車ローンでの借入状況の審査関連ページ

年齢の審査
住所の審査
年収の審査
雇用形態の審査
返済状況の審査