自動車ローンでの雇用形態の審査

スポンサードリンク

雇用形態の審査基準

スポンサードリンク

 

 

公務員と会社員が安定した収入があると高評化。

 

自営業、契約社員は厳しく見られる場合も。

 

雇用形態も重要だが、勤続年数も大切な要素。


 

 年収と同じく、自動車ローンの審査において、重要な項目が雇用形態です。貸す側としては、安定した収入が継続することが望ましいわけですから、公務員や、会社員が必然的に評価が高くなります。逆に自営業は、原状は業績が好調で収入が多くても、評価は落ちてしまいます。契約社員も同じ理由が当てはまるのですが、景気に左右されて、仕事が減ったり、雇用調整で真っ先に職を失う可能性があるからです。

 

 審査に有利な雇用形態は 公務員→ 会社員→ 派遣・契約社員→ 自営業→ アルバイト の順番になります。会社員の場合は勤め先の会社の規模や経営状態も勘案されますが、中小企業であっても、長い間の運営実績があれば、業績は安定していると言えるので、それ程心配する必要はありません。

 

 忘れてはならないのが、勤続年数です。公表はされなくても、金融機関によって条件があって、1年、3年、5年の何れかで設定されることが多いようです。3ヵ月未満ですと、通過が厳しく、審査の甘い所でも6ヵ月以上の勤続年数が欲しいところです。3年以上であれば、まず大丈夫、5年以上ですと安心と言えるでしょう。

自動車ローンでの雇用形態の審査関連ページ

年齢の審査
住所の審査
年収の審査
借入状況の審査
返済状況の審査