自動車ローンでの住所の審査

スポンサードリンク

住所の審査基準

スポンサードリンク

 

 

審査には持家の方が、賃貸より有利。

 

居住年数は長いに越したことはないが、それ程重要ではない。

 

申し込む金融機関によっては、居住地が営業区域外の場合も。


 

 住所による審査の基準は、居住形態が一番重視されます。当然、持家の方が賃貸住宅よりも有利になります。表現が悪いですが、夜逃げしようと思えば、当然、賃貸の方が簡単だからです。居住形態の審査に対しての、有利な順位を付けるとすれば、持ち家(自己所有)→持ち家(家族所有)→賃貸(官舎・寮・社宅)→一般賃貸、といった形になります。

 

 居住年数も重要な要素であると言われますが、実際はそうでもないようです。居住年数が長いに越したことはありませんが、勤務年数や収入の状況の方が重視されるからです。ちなみに、誰かの家に住まわしてもらっていて、申し込む住所欄に「○○様方」と記入してしまうと、住所不定とみなされ、審査に落ちてしまうそうです。

 

 金融機関によっては、銀行、JA、信金などは営業区域が決まっていて、申込み出来ない場合があります。私もインターネットで検索してみて、ある地方の信金のマイカーローンをチェックした時に、1%台の金利のマイカーローンを見つけたことがあります。申込みしたいのは山々ですが、有店舗の金融機関の場合は、居住地の近くに支店が無いと申込み出来ません。当サイトのお勧めする五つのローンは、すべて全国対応で来店の必要がありません。