自動車ローンの審査基準

スポンサードリンク

自動車ローンの審査基準

スポンサードリンク

 

 

「年齢」「住所」「年収」「雇用形態」「借入状況」「返済状況」などが審査対象。

 

基準は最終的にはローン会社によって違ってくる。

 

ほとんどの自動車ローンで「年齢20歳以上」「安定した収入」が求められる。


 

 自動車ローンの審査基準は、「年齢」、「住所」、「年収」、「雇用形態」、「借入状況」、「返済状況」などをチェックされます。これらの項目は、審査をする中で「属性」と言われており、「信用情報機関」に照合して融資をするかどうかの判断材料としています。

 

 最終的には各金融機関によて、各項目の審査基準は変わってきますので、一つの目安にしてください。それぞれ申込みを希望される、金融機関のホームページや資料請求により、申込み条件のチェックをお勧めします。

 

 各金融機関で、審査基準は違ってくると申しましたが、色々な自動車ローンを私もチェックしましたが、保証人を立てないで自動車ローンを申し込むのには、「年齢が20歳以上」と「継続した安定した収入」がどの金融機関でも最低の「申込み資格」となっているようです。

 

 それでは次項から、各項目の審査基準を見ていくことにしましょう。

自動車ローンの審査基準記事一覧

自動車ローンでの年齢の審査

自動車ローンの多くが申込みできる年齢が20歳以上。20歳以上でも安定した収入が必要とされる。20歳以下の場合でも、親権者が保証人になることで殆どの場合ローンが組める。 自動車ローンの年齢における審査基準は、最低の年齢が20歳以上の場合がほとんどです。しかし、18歳で免許を取得して、直ぐに自動車を購入...

≫続きを読む

自動車ローンでの住所の審査

審査には持家の方が、賃貸より有利。居住年数は長いに越したことはないが、それ程重要ではない。申し込む金融機関によっては、居住地が営業区域外の場合も。 住所による審査の基準は、居住形態が一番重視されます。当然、持家の方が賃貸住宅よりも有利になります。表現が悪いですが、夜逃げしようと思えば、当然、賃貸の方...

≫続きを読む

自動車ローンでの年収の審査

ほとんどの自動車ローンで「毎月の安定した収入」が要求される。必要とされる年収は金融機関によって千差万別。自動車ローンは総量規制の対象外で借入額は、年収に対して50%まで。 自動車ローンの審査における一番重要な項目がこの年収と、雇用形態になります。金融機関によっては明確に「年収が300万以上」というよ...

≫続きを読む

自動車ローンでの雇用形態の審査

公務員と会社員が安定した収入があると高評化。自営業、契約社員は厳しく見られる場合も。雇用形態も重要だが、勤続年数も大切な要素。 年収と同じく、自動車ローンの審査において、重要な項目が雇用形態です。貸す側としては、安定した収入が継続することが望ましいわけですから、公務員や、会社員が必然的に評価が高くな...

≫続きを読む

自動車ローンでの借入状況の審査

他の無担保借入(カードローンを含む)との合計額が年収の50%以内が基準になる。クレジットカードのキャッシングでも厳しくみられる。原状の借り入れ状況はもちろん、過去の状況もみられる。 自動車ローンの審査で、年収はもちろん、雇用形態を含め、他の項目は問題が無いのに、最終的に審査に落ちてしまう一番の原因が...

≫続きを読む

自動車ローンでの返済状況の審査

他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40%以内が基準になる。事故情報など、長期の延滞歴があれば審査に落ちる。短期間であっても支払の遅れが多い人は注意が必要。 最後が、返済状況における審査基準です。現在、住宅ローンや、他に借り入れがある場合は、「他の借入金と合わせた年間返済額の合計が年収の40...

≫続きを読む